天才児を育てる親のあるべき姿

なぜ、幼児に早期教育をするのか

早期教育は有害なんかではありません。それは感謝の証なんです。

赤ちゃんが産まれてからのあなたの人生を考えてみてください。

今まで知らなかったほどの楽しい出来事、今まで知らなかった大変な苦労、今まで感じたことがないほどの愛情を感じましたよね。

それらの全てが、あなたの人生を豊かにし、あなたの成長を促してくれています。

幼児は、あなたの人生を最高の人生にするために、最も大切な存在です。

そして、親が幼児にしてあげられる最高のものが「教育」です。

社会で一般に行われているよりも早くから親が真剣に教育に取り組むので「早期教育」と言われていますが、人を豊かにし、人生の可能性を大きく広げるという点で、「早期教育」は一般に言われる「教育」と同じです。

幼児の人生を豊かにし、自らの夢を達成する可能性を大きく広げてあげるための「教育」に親が早くから真剣に取り組むことが、産まれてきてくれた幼児への最高の恩返しなんです。

つまり、「あなたの人生を最高の人生にしてくれた幼児」への感謝のしるしとして、幼児に最高の人生を受け継ぐために、早期教育はあるべきなんです。

 

「早期教育」が有害だと言われる理由

「親の意向で受けさせる早期教育は赤ちゃんや幼児にとってストレスが大きい」

「プリントばかりやっていると社会性が育たない」

そんな早期教育への批判は後を絶ちません。

これらの批判の的となっているのは「幼児への感謝からくる早期教育」ではなく「親が主体の早期教育」です。

親の達成感やブライド、満足を得るための育て方です。これらの早期教育は、幼児の可能性をむしろ台無しにしてしまいます。このような早期教育で天才児が育つことは絶対にありません。

私がお伝えしたい早期教育、天才児を育てる早期教育は、こんな早期教育とは全く違うんです。

幼児への早期教育に取り組む親のあるべき姿とは

幼児の知能や体は、その人格(他人との接し方)と、心(自分との向き合い方)が成長してはじめて育ちます。

例えば、「仲間と協力しあえる力」、「優しさ」といった人格と、「楽しいことに夢中になれる力」、「目標に向かって努力する力」といった心があってこそ、大きな夢を達成できます。

逆に、「最後までやり通せない」「人を信じられない」といった心や人格の持ち主には、大きな夢を成し遂げられません。

つまり、親は幼児の人格と心を健康的に育むことが大切です。

そして、この人格と心は幼少期に親のな影響を受けてつくられ、一生、変わりません

つまり、まずは親が、健康的な人格と心の持ち主でなければならないのです。

子どもの気持ちを考えることなく早期教育に取り組む親は、とんでもない人格の持ち主です。

また、自分の成長に向けて努力せずに、赤ちゃんにストレスを押し付ける親は、とんでもないの持ち主です。

幼児は好奇心旺盛で、チャレンジ精神に溢れ、自分の望むものに正直な存在です。

まずは幼児のありのままを受け入れて幼児の人格と心を健康に育み、その上で自分の才能と幼児の才能を活かしてその可能性を無限大に広げてあげる育て方をすることが、天才児を育てる親のあるべき姿です。

天才児を育てる親のあるべき姿として、自分の才能を知り、自分ができることをきちんと知ることから始めましょう。

天才児の育て方【無料メール講座】のお申込はこちら

天才児の育て方
ブログ

こちらのブログではホームページでお伝えしきれない情報を発信しています。
天才児を育てるために子どものワクワクを引き出す方法をお伝えします。

Facebookページではハッピーエデュの会員様限定のオンラインセミナーの情報などを配信しています。