天才児の育て方とその特徴
お母さんが自分の才能に目覚める

天才児の特徴

天才児の才能は遺伝か?環境か?

昔、幼児の才能について「氏か育ちか」の議論、すなわち、幼児の才能は遺伝なのか環境(すなわち、育て方)なのかという議論がありました。そして、多くの研究の結果、幼児の認知的能力(IQなどで数値化される能力、知能)や、非認知的能力肉体的・精神的健康、根気強さ、注意深さ、意欲、自信等、成長意欲に関わる能力)には遺伝と育て方のいずれもが相乗的に深く寄与しており、その寄与の仕方は才能の特性に依存するという「遺伝・環境(育て方)の相互作用説」が現在のところ最も有力な説として広く支持されています。

しかし、日本の幼児教育の現場においては、幼児の才能が遺伝の影響を強く受けるという事実は、「どうせ私の子なんだからしょうがない」という短絡的な悲観的宿命論に陥る可能性を秘めており、長い間タブー視する傾向が続いています。これに代わって、幼児の才能は完全に育て方に依存するという万能論によって、幼児教育を楽観視する立場が暗黙のうちに支持されてきました。

しかし、今、私たちは、幼児の才能は遺伝と育て方の両方に依存するという事実を正しく受け入れるべきです。赤ちゃんはまず、①親の認知的能力・非認知的能力を遺伝的に持って産まれます続いて、②親は自らのもつ能力が自然に好む育て方で幼児を育てる特徴があることが人間行動遺伝学において明らかとなっています。例えば、学習好きという特徴を持つ親は、その楽しさを知っていることから、学習嫌いという特徴を持つ親に比べて、幼児に知的刺激に富んだ育て方で楽に育てることができます。また、社交性という特徴を持つ親は我が子を社交の場に連れ出すことをいとも簡単に行いますが、内向性の特徴を持つ親が幼児が社交的な育て方で育もうとすると多大な苦痛をともなうのです。そして、③遺伝と、産まれてからの育て方によって特定の分野に高い能力をを持つ幼児には、周りの大人が与える特別な刺激が誘発されます。優秀な幼児には周りの大人が特別な期待をかけた結果、優遇された環境を与えられるなどが特徴的です。こうして幼児は自らの才能を高めるフローに乗ることにより④自らの才能に合わせた環境を能動的に作り上げます。自ら進んで学び、自ら進んで探究し、自ら進んで成長を望むという特徴を持つ天才児に育っていくのです。これが、幼児の才能は遺伝と育て方の相互作用により育まれるということです。このフローにうまく乗せてあげることで、幼児は天才児へと成長するのです。

それではもし、お父さんやお母さんが望むような才能を発揮していないとすれば、幼児も天才児になりにくいのでしょうか。そうではありません。実験集団遺伝学の権威であるドブジャンスキーは「人間の不幸の原因の多くは、人々が彼らの特徴的な遺伝子に適している職業についていないことなのではないか」と言っています。また、人間行動遺伝学の安藤教授は自身の著書『遺伝マインド: 遺伝子が織り成す行動と文化』の中で「遺伝現象は環境を介してあぶりだされてくる特徴を持つ」と言っています。つまり、もし親の現在の状況が望むような状態でないとすれば、それは優れた才能を持ちながらも活かしきれていないていないだけであり、今からでも自ら能動的に環境に働きかけることで、才能を開花させることができるということです。

親が自らに特徴的な才能に目覚め、その才能を活かした育て方、自分が楽に、自然にできる育て方を幼児に施すということは、親が自らの得意とする行動パターンに特徴的な強みを活かして自然に幼児に接するということです。そして、幼児も確実にその才能を受け継いでいますから、ますます幼児の持って生まれた才能を自然に広げてあげることができるのです。このようにして幼児を天才児へのフローに乗せてあげる育て方こそが、幼児の天才性を無限大に広げることができる早期教育なのです。

天才児の特徴

つまり、天才児とは、「産まれもつ天才性に対して、同じ才能を持つ親が自らの才能を活かして望む育て方を施し、さらに周りの大人の誘発的な知的刺激を受ることにより、育まれた高い天才性を自らが能動的に発揮している幼児」のことを指しています。

天才児の特徴の主なものは次のようになります。

【特徴1】自分のことが大好き

幼児を天才児のフローに乗せてあげるためには、親は常に幼児の興味を注意深く観察し、そのときに最も喜ぶ知的刺激を与えてあげる育て方を施すことが大切です。そして、もし未知の刺激に対して緊張や怯えを感じているときには、しっかりと抱きしめてその緊張をとき、安心させてあげることで再び探究心を回復させてあげなければいけません。そしてこのような育て方で育った天才児は、自らが親からとても愛されていることをいつでも実感することができます。こうして、自分に対して非常にポジティブなイメージを持つことが特徴的な天才児に育ちます。

【特徴2】自己実現欲求が高い

アメリカの心理学者であるアブラハム・マズローは、人間の欲求が五段階に分かれると言っています。そして、下位の欲求が満たされて初めて、次の欲求が生まれると言っています。さらに、最終的に最も高次の欲求である「自己実現欲求」に至る人が、最も健全で、幸せな人間であると言っています。

自己実現欲求とは、生理的欲求・安全欲求・社会的欲求・承認欲求という4つの欠乏欲求がすべて満たされたとき、幼児の内側から湧き出てくるという特徴を持つ、「誰のためでもなく、自分の欲求に従って、絶対に達成したい」という欲求です。天才児に対しては、親や周りの大人たちが常にありのままを受け入れる育て方を施しているため、自己実現欲求が非常に高いという特徴があります。

【特徴3】自己効力感が強い

天才児は「自分にはできる」という信念を強く持つという特徴があります。ですので、物事に対して楽観的に取り組みます。楽観主義者は課題に対してより多くの手を打つことが研究で明らかになっており、そのため自己効力感の強い天才児は成功を手に入れる可能性が高くなります。これによってさらに自己効力感が強まるという、天才児に特徴的な好循環のスパイラルが機能していきます。

 

これらの特徴は、赤ちゃんが産まれもつ天才性と、親が自らの才能を活かした育て方によって必ず育むことができます。特に、日ごろから幼児と接することの多いお母さんは、自分の才能に目覚め、その才能を活かした早期教育で幼児を育てることで、自然に、楽しく、楽に早期教育を行い、幼児の天才性を全開に発揮させていくことができます。あなたの才能、そしてあなたの子供が遺伝的に持つ才能は何でしょうか。

ハッピーエデュでは、あなたが才能に目覚め、あなたに合った子供の才能の伸ばし方が見つかるセミナーを開催しています。

天才児の心、人格は大丈夫?その後の人生は幸せ?このページでは皆さまのこのような疑問について最新の研究データをもとにお答えしています。

天才児を育てるにはお母さまの才能を活かすことが大切です。このページではお母さんの才能を活かして天才児を育てることについてご説明します。

あなたはどんな才能をもち、どんな早期教育を行うのがよいのでしょうか。このページではあなたの才能と、早期教育の方法の見つけ方をご説明します。

天才児を育てるため親はどうあるべきでしょうか。こちらでは幼児の才能を全開に発揮させ、天才児を育てる親のあるべき姿についてご説明します。

LINE@では定期的に、お母さんの才能の目覚め方や天才児の楽しい育て方を配信中。今ならメッセージ動画プレゼント!

お友達登録をお願いします

LINE@ではお母さんの才能の目覚め方や天才児の楽しい育て方を配信しています。今ならメッセージ動画をプレゼント
友だち追加

Facebookページ

Facebookページではハッピーエデュの会員様限定のオンラインセミナーの情報などを配信しています。

幼児教育に関する
お問合せはこちら

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。