代表者ごあいさつ

ごあいさつ

こんにちは。はせがわ わかです。

まずは、私の育った環境からお話しさせてください。私は福岡の田舎町で育ちました。両親ともに大学には進学しておらず、サラリーマンと専業主婦の両親、そして私と弟という、普通の一般家庭で育ちました

私は1970年代に生まれました。母は小学生の頃に自分の母親を病気で亡くしており、行きたかった大学に進学できませんでした。そのことが影響したのか、私の教育には非常に熱心だったようです。折しも、当時は井深大さんの「幼稚園では遅すぎる」が出版され、世の中は第一次早期教育ブームの真っ只中でした。母は私に自己流でのいわゆる「早期教育」を行ったようです。ずいぶん小さなころから英会話、リトミックスクール、ピアノ、書道、水泳、そろばんなど、さまざまな教室に通わせてもらいました。お陰で、ゼロ歳の頃に教えないとできないといわれる「L」と「R」を聞き分ける力もありますし、絶対音感もあります。

父も教育には大変熱心で、小さいころから父のオリジナル問題を解くのがとても好きだったことを覚えています。

両親の熱心な教育のお陰で、私は京都大学工学部に入学し、そのまま大学院にまで進学させてもらいました。卒業後は売上高数兆円規模の会社に就職しました

私は両親の早期教育のお陰で、特に不自由もなく幸せな人生を送らせてもらっており、両親には本当に感謝しています。

でも、私が歩んできたこの「安定した道」を目指す教育は、これから育っていく子供たちの幸せにはつながらないと心から思います。これまで、人生の「安定した道」といわれてきたものが、これからは決して「安定した道」ではなくなるからです。

いい大学に入り、大きな会社に入ることが、幸せに感じられない時代になってきています。かつては超一流企業と言われていた会社が今では軒並み窮地に立たされており、大きな会社でも将来に対する不安に満ちています。暗い空気が社内を占拠している会社も少なくありません。ということはつまり、「大きな会社」に入るために「いい大学」に入ることも、全く意味を成さなくなっているのです。

今は第四次産業革命と言われ、どの仕事が安定かは全く見通せない時代となっています。そんな時代では、「安定した道」は与えられるものではなくなります。安定と自由は自らの手で作り出していくものになります。だからこそ、これまでよりも多彩な夢と可能性に満ちているのです。このことが、「安定した道」を目指す教育が子供の幸せにつながらない、そのような教育に費やすお金や労力、なにより貴重な子供の時間が勿体ないと思う理由です。

それではどのように子供を育てていけばいいのか。巷にはたくさんの育児書があり、また、天才児を育てた母たちが、自らが成功した育児方法をブログなどで公開されていたりと、情報に溢れています。しかし、それらを皆が真似しようとしても、なかなかうまくできず、「やはり自分には無理なのか」という気持ちにさせられてしまいます。それはなぜか。ひとりひとり、好む行動や考え方、得意なことが異なるからです。ひとりひとりのお母さんが自分の才能を生かし、自然に、楽に、楽しく早期教育を楽しむことによって、幼児はより自らの才能を無限大に広げることができます。このことを広く伝えていくことが、私の使命であり、ハッピーエデュが存在する意味だと思っています。

その他メニューのご紹介

早期教育とは、子供が赤ちゃんのうちから親が学ぶことです。こちらでは、赤ちゃんの天才性を伸ばす知育についてご説明します。

赤ちゃんはどうして生まれながらにして天才だと言えるのでしょうか。こちらでは赤ちゃんの天才性の源についてご説明します。

赤ちゃんの天才性を無限大に広げるため親はどうあるべきでしょうか。こちらでは知育に取り組む親のあり方についてご説明します。

赤ちゃんの知育に取り組む親の学びの場を提供するのが私たちの取り組みです。こちらでは私たちの取組みについてご紹介します。